吉岡 徳仁による『光とガラス』展

2017.11.01

自然をテーマにした詩的で実験的な作品によって、デザイン、建築、現代美術の領域で国際的に活動するデザイナー 吉岡 徳仁(よしおか とくじん)氏。作品の数々は、ニューヨーク近代美術館、オルセー美術館、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館等の世界の主要美術館で永久所蔵されており、アメリカNewsweek誌日本語版による「世界が尊敬する日本人100 人」にも選出されています。

これまで吉岡氏は、光、音、香りなどの非物質的な要素を用いて観る人の感覚を揺さぶり、形の概念を超える独自の表現を生み出してきました。11月2日より開催される「光とガラス」展では、光とガラスから生まれる創作の本質に迫ります。会場では、代表作である「Water Block—ガラスのベンチ」をはじめ、建築のプロジェクト「光庵–ガラスの茶室」と「Rainbow Church–虹の教会」の映像を展示するほか、先日プレミアムジャパンでも紹介したばかりの最新作「Glass Watch」、Dom  Pérignon Art Projectで発表された「Prism」、「虹の建築」プロジェクトなども展示されます。

2017_Glass_Project_03    2017_Glass_Project_04
 「虹の教会–Rainbow Church」(2010・2013)

2017_Glass_Project_05   2017_Glass_Project_02   
「Water Block」(2002,パリ オルセー美術館)  、 「光庵–ガラスの茶室」(2011) 

吉岡氏の作品には静寂の中に広がる壮大な世界があります。本展示会にて是非その世界観を体験してみてはいかがでしょうか。

 

「光とガラス」
11月2日(木)-11月13日(月)
会場:21_12 DESIGN SIGHT ギャラリー3
アクセス: 都営地下鉄大江戸線「六本木」駅・東京メトロ日比谷線「六本木」駅・東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分
開館時間:10:00-19:00 
入場料: 無料
http://tokujin-glass.jp