11月8日より開催 藤田 理麻による『Home-心の故郷』

2017.11.03

Caravan©RimaFujita copy 2
「キャラヴァン」 ©Rima Fujita 2017
ミクストメディア/紙 32.5x40cm

伊勢丹新宿店のアートギャラリーにて、11月8日(水)~14日(火)の期間、アメリカ在住のアーティストで、ファッショナブルでスピリチュアルな作風が幅広い年齢の女性ファンの心をつかんでいる藤田 理麻(ふじた りま)氏の個展『Home-心の故郷』が開催されます。

藤田氏の絵画はどれも鮮やかで美しく、絵画に登場する人物たちの目は何かを問いかけてくるような、強い眼差しをしているのが印象的です。

最近のニュースを聞きながら「自分の故郷/家」は何で左右されるのだろうかと、ずっと考えていたという藤田氏。

—–自分の「ホーム」とは、住む場所なのか、それとも一緒に住む人なのか。肉体的に住む場所なのか、それとも心の中にあるものなのか。例えば、シリアの難民たちが亡命して、新しい土地に馴染めなくても、そこで生きて行かなくてはならない。その場合、彼らにとっての「ホーム」は、新しい国なのか、それとも心の中でのホームは、やはりシリアなのか。それとも家族と一緒であれば、どこに住もうと、そこが「ホーム」になるのか。
そして、人間だけでなく、動物や他の生き物たちにとってはどうなのか。

s.ToTheSanctuary
「サンクチュアリへ」©Rima Fujita 2017 
ミクストメディア/紙 32.5×40cm

s.MotherEarch
「母なる地球」©Rima Fujita 2017
ミクストメディア/紙 32.5×50cm

TreeFairies
「木の妖精」©Rima Fujita 2017
ミクストメディア/紙 32.5x40cm

そんな、国際社会が無視できない問題を毎日考え、それをテーマに制作したといいます。
出品は、新作原画約30点に加え、来春にアメリカで出版される絵本の原画も発表され、ポストカードセット、グッズも販売されます。

この機会にぜひ、藤田氏の世界に触れてみてください。

 

藤田 理麻 新作絵画展『Home-心の故郷』
会期: 11月8日(水)~14日(火) 最終日は午後6時終了
営業時間:午前10時30分~午後8時
会場:伊勢丹新宿店本館5階=アートギャラリー
※会期中毎日作家来店予定
イベント日程:  
スライドトーク&サイン会 11月11日(土)午後2時~3時30分 
サイン会          11月12日 (日) 午後2時~3時
問い合わせ先: 03-3352-1111

 

≪アーティストプロフィール≫
RimaFujita_ProfilePhoto

藤田 理麻(ふじた りま)
東京に生まれ、兵庫県芦屋市で育つ。アメリカ在住38年。
ニューヨークとロサンゼルスを拠点に個展活動を続け、世界各地にコレクターを持つ。
2001年に貧しい国々の子供達に絵本を作り贈る機関「Books for Children」を設立、数々の賞を受賞。
https://www.rimafujita.com