音だけでなく見た目にも癒やされる、久乗おりんの「ことりん」

2015.12.30

re1512LIFE06_kotorin1
心穏やかになる音色を放つ“おりん”をかわいいことりが包み込む

主に仏具として使われている“おりん”の日常使いを提案している、「久乗おりん」。アイテム数が豊富で、いずれもデザイン性が高く、インテリア小物としても人気の高い製品です。「てのりん」と名付けられた鈴のような鳴物は銅器で有名な富山県高岡市の職人によってひとつひとつ丁寧に作られています。 

その「てのりん」をことりのフレームで包んだのが「ことりん」です。フレームの素材はアルミニウム。美しい輝きのそのままの素(もと)と、アルマイト加工が施された墨(すみ)の2種類をラインナップしています。素は華やかな印象で、墨はモダンな雰囲気が漂います。

re1512LIFE06_kotorin2 (1) re1512LIFE06_kotorin3
さりげない工夫が活用の幅を広げています

手のひらサイズの「ことりん」は、しっぽに触れて揺らすとゆりかごのような動きとともに音も鳴りはじめます。ことりのさえずりのような華やかでエレガントな音色は、気持ちを豊かにしてくれる、繰り返し聞きたくなる響きです。

また遠くに届くしっかりした音なので、離れているところにも合図ができる実用性も持ち合わせています。さらにくちばしにはスリットが入っていてカードが挟めるので、メッセージのやり取りなどにも活用できます。

re1512LIFE06_kotorin4 re1512LIFE06_kotorin5
ホテルのフロントやカフェなどで見かけることもあるかもしれません

ホテルなどではくちばしの先に「ご用のある方は鳴らしてお呼びください」と書いたメッセージカードを挟んでフロントなどに置かれたりしているそう。お決まりの呼び鈴とは違って呼び出す方も呼び出されるも心地良い音色です。

 

株式会社山口久乗
「ことりん」
サイズ:幅130×奥行き50×高さ70mm
素材(おりん):銅合金、金メッキ仕上げ
素材(振り子):ヘマタイト(天然石)
カラー:素(もと)・墨(すみ)
ことりん・素 1万1000円(税抜き)
ことりん・墨 1万2000円(税抜き)

 

■お問合せ
電話:0766-22-0993
http://www.kyujo-orin.com/products/detail/kotorin.html

 

《関連記事はこちら》

長崎の波佐見焼職人が作るスケボー箸置き

庵治石(あじいし)でつくられたプロダクト

Area