一族の繁栄の願い、年神様の宿る「門松」

2015.12.29

 

1
「門松」の由来

民間の素朴な信仰のなかに、年神様というのがあります。来る新しい一年を守る、豊作を願う、家族を守る神様、それが年神様です。年の変わり目に年神様を迎え入れるその目印が「門松」と言われています。

「門松」には決まった形式はなく、地方によってその形は様々ありますが、大別すると「関東」と「関西」という2つの形式が存在します。違いは竹と松の高さですが、関東は松が竹よりも低く飾られ、関西では松が竹の光背のように高くなっているのが特徴です。

また、基本は松という言葉が「祀る」に通じることから、松を使うのが一般的です。一部には榊(さかき)や樒(しきみ)を使うところもありますが、神様が宿る「依り代」としての役割があれば、材料にこだわりはないようです。

2
門松の飾り方

本来、門(かど)は門(もん)ではなく、母屋の前庭を指しており、「年神様、どうぞこの門松(母屋の松)に宿ってください。新しい年も我が家をお守りください」と、そう願う心が門松には込められているそうです。

飾りはじめの時期は「正月事始め」と言われる12月13日とされています。この日は門松のための松を山に採りに行く「松迎え」の日であり、一年の穢(けがれ)を払う「煤(すす)払い」を行う日でもあります。そのため、正月を迎える準備の最初の日とされていました。

しかし、近年はクリスマスの飾り付けを行う家庭が増えてきたことで、12月26日以降の29日(二重苦)や9の末日(苦を待つ)、12月31日を「一日飾り」と言って神様を疎かにするとして、これらを避けて門松を飾る傾向にあります。

3
新しい「門松」の形

一般的には小正月である1月15日までを「松の内」として、この日まで飾っておくとされています。関東では江戸時代に1月7日までを松の内とするお触れが出たことで、以降1月7日に門松を仕舞うという習慣が定着しています。仕舞った門松は本来、氏神様の神社で焼いて火とともに天に見送ります。しかし、現代は仕舞った門松の扱いに困ってしまうという状況が増えてきました。

こうした、現代の都市環境や生活様式の変化に対応し、新しい「門松」の形を提案している企業があります。株式会社友行園芸場の「日本の門松.com」です。ここでは、門松を「関東」「関西」の2種類に規格化し、注文に応じて発送をします。

設置から仕舞い(後片付けと返送)までは、受け取った方が一年間の願いを込めて自ら行います。引き取った門松は、責任をもって地元の「越木岩神社(こしきいわじんじゃ)」に奉納して祈祷のうえ仕舞います。最後まで安心して「門松」を飾ることができるようにしたい、そんな思いを形にしてくれているのです。

今年もあとわずか。

日本の伝統的な文化である「門松」を飾り、新しい一年をお迎えください。

 

■お問合せ
株式会社友行園芸場
価格:日本の門松(引き取り付き)150cm 57240円(税込)など各種あり
電話:078-904-3303
http://kadomatsu-japan.com/
写真:©株式会社友行園芸場

Area