空飛ぶスケートボードをレクサスが実現

2015.09.28

PR Image 3_GS F

 

ムービーがインターネット上で大話題に

数年前から自動車メーカーの域を越え、ライフスタイル提案も積極的に行っているのが、トヨタが展開するハイエンドカーブランドのレクサスです。そんなレクサスが先日、突如公開した1本のムービーがインターネット上で話題に。なんと「LEXUS SLIDE」(レクサス・スライド)と名づけた、空中を滑走するスケートボード=ホバーボードをつくったというのです。最初にLEXUS SLIDEがYouTubeでお披露目されたときは、宙にボードが浮いているだけのティザームービーでした。そのため「どうせCGでしょ!」という疑いも多数。しかし数日後、実際にスケーターたちがホバーボードで空中を滑る映像(https://youtu.be/SDn6Z6vfJGs)が公開されたのです。

PR Image 5_Bowl shot

 

リニアモーターカーの技術の応用

LEXUS SLIDEの仕組みを簡単にいうと、リニアモーターカーで使われている磁気浮上技術の応用、ということ。リニアモーターカーは車両とレールのそれぞれに磁気があり、反発し合うことで車両が浮かび進みます。

LEXUS SLIDEも同じく、磁気の反発で宙に浮いて進みます。ただしLEXUS SLIDEはレールはなく、実は、ムービーの舞台になっているスケートパークの地面に磁気が埋められている。つまりLEXUS SLIDEのために特別なスケートパークまでつくってしまったわけで、それもレクサスならではの凄さなのです。販売を心待ちにしている方も多いと思うのですが、いまのところ販売の予定はなし。LEXUSSLIDEは「レクサスにとって不可能はない」というレクサスの技術力を示す、あくまでテストケースなのです。とはいえ、現実に浮きながら滑走できるシステムを開発したのだから、近い将来、発売されるかも。とりあえずは次なる展開に期待しましょう!

 

 

■問い合わせ先

レクサス

電話 0800-500-5577

http://lexus.jp/

Area