千葉県香取市佐原の町並み再生プロジェクト

2015.09.28

 

studio-myu

 

国の文化財に選定された町並み

 

千葉県香取市佐原は古くからの住宅や商家が建ち並ぶ場所。その町並みが1996年に重要伝統的建造物群保存地区に指定された国の文化財です。

スタジオ宙(みゅう)は、その最初の年である1996年から、佐原の町並みの保存・修復・再生に関わる多数の設計業務を行っている一級建築士事務所。改築や改装の重ねられてきた建物の修復設計を始め、火事で焼失して空き地になっていた場所に新築の建物を設計するなど、これまで15件もの物件を手がけてきました。

 

studio-myu1

 

「作らないで創る」こと

 

そのなかでスタジオ宙が心がけてきたのが「作らないで創る」ということ。

まず歴史的な町並みの保存・修復・再生では、設計者が新たに手を加えた部分はなるべく目立たない、「作らない」ことが望ましいと考えた。いうなれば、可能な限りオリジナルに戻すフルレストアの手法で、たとえば世界遺産の建物はその代表となるもの。文化財に選定された建築のほとんどが、この手法を採用しています。

しかしスタジオ宙は、単に歴史を再現するための、フルレストアだけではいけないとも考えた。なぜなら佐原の町並みは、今も人々が生活をしている、生きた町並みであるから。だから佐原の町並みには、現代でも機能する新しい価値を創造する、「創る」ことが重要だと考えたのです。

 

studio-myu2 studio-myu3

 

日本が世界に誇ることのできる町並み

 

そのスタジオ宙のプロジェクトが、2015年の日本建築学会賞(業績賞)を受賞。つまり佐原の町並みが今の時代の優れた建築設計のものであるという、まさに新しい価値が認められたのです。

すなわち佐原の町並みは、日本の建築の歴史や伝統はもちろんのこと、日本の建築の新しい魅力や美しさを楽しむことができるところ。日本が世界に誇ることのできる、素晴らしい町並みなのです。

ですから、一度は訪れてみるのも、よいのでは。レストランやカフェ、ショップ、ギャラリーなどもあるので、これからの秋の行楽シーズンに、ぜひ、いかがでしょうか。

 

 

郡裕美+遠藤敏也/スタジオ宙 一級建築士事務所

http://www.studio-myu.com

Area