カルチャー

「エングレービング」技術で作るおしゃれな高級名刺

2016.01.06

lh_meishi1
日本で唯一の技法「エングレービング」

東京都中央区にある銅版印刷株式会社は大正6年に創立された、「エングレービング」という印刷技術を扱える印刷会社です。「エングレービング」とは凹版印刷とも呼ばれ、日本では同社しか扱うことのできない唯一無二の印刷技術です。そして同社はその伝統を絶やさぬよう、日々努力を続けています。

「エングレービング」には銅版を使います。まず銅版に彫刻をほどこして、その銅板全体にインキを塗ります。その後、塗ったインキを綺麗にふき取ると、彫刻をほどこした部分にのみインキが残ります。そして、彫刻をほどこされた銅版に相対する雄型をつくり、銅版と雄型の間に紙を挟んでプレス。すると銅版の彫刻部分に埋まったインキが紙に印字されるという仕組みの印刷技術です。

lh_meishi2
「エングレービング」の特徴

「エングレービング」は通常の印刷技術と一線を画する印刷技術であり、味わったことのない手触りが味わえます。印字されたインキが盛り上がっているので、文字やロゴが指に優しい凹凸を与えます。また、極めて繊細なデザインさえも印字可能な再現力があり、高級感に満ちた格調高い風合いが特徴です。

「エングレービング」は紙幣、有価証券等にも使われている印刷技術です。その他にも皇室、各国大使公館等などの公的印刷物を受注していることから「フォーマルプリント」と称されることもあります。その上、偽造防止効果も備えており「フォーマルプリント」としてだけではない、様々な面でニーズに応えている印刷技術と言えます。

 

lh_meishi3
こだわりの職人がつくる名刺

銅版印刷には、卓越した彫刻技術と熟練の経験が必要だと言われています。そのどちらも持ち合わせている職人のひとりが、銅版印刷株式会社の代表取締役である鈴木聡氏です。また、鈴木氏は伝統と文化を重んじ、自ら現場に立って製版を手がけ、よりよい製品を提供できるよう職人たちが活き活きとできる職場づくりに努めています。

そんな銅版印刷株式会社の職人たちの手によって作り出された名刺は、通常の名刺では与えることができない印象を相手に与えてくれることでしょう。名刺から溢れ出ている質の高さ。見た目や手触りから醸し出される安心感。あなたの新しいビジネスパートナーとして活躍してくれること間違いなしです。

 

■お問合せ
銅版印刷株式会社
価格:エングレービング印刷(版代を含む)100枚 3万2000円(税抜き)~など各種あり
電話:03-3531-5316
http://www.doban.co.jp/index.html
写真:©銅版印刷株式会社

 

 

Area