擦る、絞る、おろす、保つ、置く、まあるい有田焼「SITAKU」

2016.01.14

rd_850_1512LIFE22_SITAKU8
食事の支度を台所から食卓へ

朝食から夕飯まで、普段は台所で行われる作業を食卓へ移すということをコンセプトに誕生した「SITAKU(支度)」シリーズ。日本人の美意識に培われた器文化の一端を担い続けてきた、400年以上の伝統を誇る佐賀県の有田焼です。

重ねられただけのシンプルな器に見えますが、実はそれぞれがとても機能的。おろし器やすり鉢、おたま立てになっています。食事をしたり呑んだりしながら薬味などの支度ができる「SITAKU」シリーズは、キッチンツールでもある器なのです。

次ページ《日本伝統の有田焼と斬新なデザインとの出会い

Area