越後植木鋏の宗家が作るプロ御用達「秀久」の剪定鋏

2016.01.23

re1601LIFE08_toyamahamono1
江戸時代から続く金物の町の老舗

こちらの剪定鋏を作るのは、金物の町として有名な新潟県三条市の「外山刃物」。創業は江戸時代の文久年間にまで遡り、まだ新潟が越後と呼ばれていた頃から“越後植木鋏”の宗家として続いてきた老舗です。

三条では今もいろいろなメーカーが鋏を製造していますが、ここならではの特色は、新旧融合のものづくり。代々受け継いできた技術によって生み出される鋏はそれだけでも十分に高品質ですが、さらに新しい技術も積極的に取り入れることで「より良い刃物鋼」「より良い切れ味」を実現しているんです。

次ページ《江戸時代から続く伝統の技に最新技術を融合