吹きガラスと江戸切子の共演「回(KAI)千筋(せんすじ)」

2016.01.27

rd850_1509MONO_81kaisensuji3
江戸時代から連綿と受け継がれる、回して作るガラスの器

吹き棹を回しながら、その先のガラスに息を吹き込んで形にする吹きガラスの技と、高速で回るダイヤモンドホイールにガラスを当て、手作業で柄を削り出す江戸切子の技。そんな江戸時代から続く2つの職人技によって、その名も「回(KAI)千筋(せんすじ)」という酒器が誕生しました。

薄く繊細な飲み口の吹きガラスを手がけたのは、大正11年創業の老舗、松徳硝子。さらに、底にあしらわれた端正な切子を施したのは、堀口硝子の創業者・秀石(江戸切子作家として堀口市雄氏が最初に名乗った号)の名を受け継ぎ、江戸切子の新たな領域に挑む堀口切子の三代目・堀口徹さんです。

rd850_1509MONO_81kaisensuji2
かつては電球ガラスを作っていた職人技を受け継ぐ松徳硝子

松徳硝子は今でも職人の手作業でガラス製品を作っている日本有数の工場ですが、創業当初は手作りの電球ガラスを請け負う会社でした。光をきれいに通さなければならない電球ガラスの精巧な技術を活かし、料亭などで扱われる器を手がけるようになり、現在に至ります。

抵抗なくすぅっと日本酒が舌にのる、「回 千筋」の飲み口。これを実現するのは、一気に熱で溶かして丸みを作るような無骨な仕上げではなく、最後には人の手で一つひとつやすりをかけ、ごく薄く仕上げるていねいな仕事。熟練の職人技なくしてはかなわない使用感です。

rd850_1509MONO_81kaisensuji1
江戸切子の制作工程で生まれる表現で魅せた三代秀石

鮮やかな色ガラスのイメージがある江戸切子ですが、実は誕生した当初は透明でした。この「回」も、究極にシンプルな透明ガラスの良さを活かした表現です。

「回」シリーズには他に「角出し(かくだし)」と「魚子(ななこ)」があり、それぞれ江戸切子の制作工程で生まれています。「角出し」は最初の工程である粗い梨地仕上げで表現され、「千筋」は、その次に細かな仕上げで誕生しました。そして「魚子」は、ガラスを磨き込む最終的な工程を経た、最もクリアな輝きを放っています。工程が増えるごとに器は高値になりますが、それぞれに別の良さがあります。そんな堀口硝子三代目、堀口 徹(号:秀石)の技で魅せるシリーズです。

rd500_1509MONO_81kaisensuji4

http://www.kiriko-shop.biz/shopdetail/001003000026/

 

回 角出し(かくだし) 
価格:3800円(税抜き)

回 千筋(せんすじ)
価格:7000円(税抜き)

回 魚子(ななこ) 
価格:1万円(税抜き)

サイズ:口径57mm × 高さ51mm
容 量:約80cc
材 質:無鉛クリスタルガラス

※いずれも桐箱入り

■お問合せ
松徳硝子株式会社
電話:03-3625-3511

株式会社 堀口切子
電話:050-3735-3755

 

《関連記事はこちら》

現代の食卓にマッチするデザインの「蒲田切子」

瑞々しく酒席を飾る竹をモチーフにした硝子器「バンブー」

 

 

Area