カルチャー

テクノロジーアートの祭典「MEDIA AMBITION TOKYO」

2016.02.22

rd850_mat_01
最先端のデジタルアートや映像、音楽など充実のコンテンツ

最先端のテクノロジーカルチャーの“今”を体験できる「MEDIA AMBITION TOKYO 2016(MAT)」が2月26日(金)に開幕。3月21日(月・祝)までの約1カ月にわたり、六本木を中心に、都内各所でさまざまな最先端のデジタルアートや映像、音楽、パフォーマンスなどが繰り広げられます。

都市の未来を創造するテクノロジーの可能性を東京から世界へ提示しようと開催される「MAT」は今年で4回目。最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで提案するリアルショーケースとして、そしてテクノロジーアートの祭典として親しまれてきました。今年は開催エリアを拡大し、六本木をはじめ、青山、銀座、飯田橋、御茶の水、お台場、天王洲などで多彩なイベントがおこなわれます。

次ページ《アーティストと企業による新しい都市実験の場「MAT LAB」

Area