モダンでシンプルな南部鉄器ほうろう鍋「i-ru ポット2.0L」

2016.03.12

rd850_1602LIFE18_i-ru pot1
熟練職人の技と最新技術による鋳物ほうろう鍋の誕生

モダンでシンプルな美しいフォルムが特徴の「i-ru ポット2.0L」は、南部鉄器とほうろうを掛け合わせた鋳物ほうろう鍋。岩手県盛岡で17世紀から続く伝統工芸品である南部鉄器と、大阪府泉南の老舗ほうろう専門メーカー「阪和ホーロー」がタッグを組み、初の商品化に成功しました。 

これを手がけるのは、半世紀にかけて培ったほうろうの知識で製品を開発し続ける「ハースデザインズ」です。日本の鋳物職人の確かな技術に支えられている「i-ru」は、“鋳る”という語から生まれました。また、確かにそこに存在する“居る”、生活の中で必要とする“要る”日常器、そんな意味も込められているのかもしれません。「i-ru ポット2.0L」は和の心意気や言葉遊びが見え隠れする、そんな鋳物ほうろう鍋なのです。

 

次ページ《技術的に難しいとされてきた鋳物鍋へのカラーリングを実現