日本の仮面神や鬼たちを収めた最新作シャルル・フレジェ展開催中

2016.03.21

rd850_yokainoshima_charles_FREGER (0)
シャルル・フレジェの新シリーズは「YOKAINOSHIMA」

日本の田畑や森林、山々、海辺を背景に、個性豊かなコスチュームに身を包み溌剌とポーズをとる「YOKAI」たち。その姿からは自然と神への畏怖を感じながらも、見ているとどこか滑稽で親近感が湧いてきます。そんな日本各地の祭事に現れる仮面神や鬼たちの姿を紹介する写真展「YOKAINOSHIMA」が、現在銀座メゾンエルメス フォーラムで開催中です。

撮影はフランスの写真家、シャルル・フレジェ。フレジェは、世界各地の民族衣装や伝統衣装、習わし、儀式、祭礼のためのコスチュームなどをシリーズで撮影し、その土地にひそむ多様な人間の営みをポートレートとして収め続けてきました。近年の代表作には、ヨーロッパ各地の伝統的な祝祭の儀式に登場する「獣人(ワイルドマン)」の姿を収めた「WILDER MANN」(2010-2011年)があります。

次ページ《日本列島58ヵ所の「YOKAI」が集合