特選“漆器”:ずっと使い続けたくなる漆塗りの「コーヒーカップ」

2016.03.26

rd850_topic_1603CULTURE07-COFFEECUP1
江戸時代後期から作られる「輪島キリモト」の漆器

漆器のコーヒーカップ!? あまり見かけたことがないかもしれませんが、江戸時代後期から木と漆の仕事に携わってきた「輪島キリモト」で、朴木地作りから漆塗りまで、すべて職人の手によって作られています。

天然木と漆でできた器には軽くて割れにくい上に、さまざまな利点がたくさん。熱を通しにくいため“熱くて持てない”ということがなく、温かいものは温かく保ちます。また、冷たいものの場合は外側に汗をかきにくいためテーブルを濡らさず、冷たいまま保つことができるのです。

 

次ページ《直しながら長く使える日本伝統の本堅地技法

Area