カルチャー

特選“和紙”:伝統的な五箇山和紙で作られたカラフルなステーショナリー

2016.04.02

rd850_1603CULTURE06_FIVE1
和紙の新たな可能性を追求した五箇山和紙「FIVE」

富山県の深い山々に囲まれた秘境の地、五箇山。その五箇山の自然豊かな環境で育まれ作られる和紙は、古くから人々の生活の一部になっています。このカラフルなカードケースやブックカバーは、そんな伝統ある五箇山和紙の和紙の新たな可能性を追求して誕生した、和紙のステーショナリーです。紙づくりの充分な知識と経験を持つ「五箇山和紙の里」と、2009年に設立されたデザインチーム「minna」によるモダンな感性によって、ブランド「FIVE」が生まれました。

顔料で染められ、こんにゃく糊で揉みこんだ和紙で作られる「FIVE」ですが、その魅力は色鮮やかな見た目だけではありません。水に強く、使い込む程にレザーのようなしなやかな風合いが出てくるのが特徴。経年変化も楽しませてくれる逸品なのです。

次ページ《江戸時代から続く伝統的な技術を継承

Area