土佐清水の海の恵み「だしが良くでる宗田節」:特集「OMOTENASHI Selection 2016」

2016.04.12

 

rd850_01-01_350
土佐清水の宗田節

四国最南端の港町、あのジョン万次郎が生まれた地としても知られる高知県土佐清水市には、絶品の味が楽しめる宗田節があります。「だしが良くでる宗田節」といい、その比類のない旨味の秘密は宗田節に隠されています。

そもそも宗田節が何か、ご存知ではない方もいるかも知れません。宗田節とは、メジカから作られた魚の節のことを指し、コクがあり、香り豊かなだしがでると言われています。これは、メジカがカツオと比べ血合いが多いため。コクに加え香りも濃厚で、しっかりと味付けをしたい煮物などにも重宝されます。

「だしが良くでる宗田節」がこだわるのは、土佐清水の宗田節であること。土佐清水は、日本一の宗田節の産地で、太平洋に面し黒潮がぶつかる高知県でも有数の港町です。土佐清水の宗田節の生産量は、日本の80%ほどのシェアを占めています。

次ページ《最高のだしがでる時期がある