「国産サバのオリーブオイル漬け サヴァ缶」:特集「OMOTENASHI Selection 2016」

2016.05.09

rd850_170g_4963332020879_b1

東日本大震災からの復興をめざして開発されたサヴァ缶

東日本大震災によって受けた被害は、東北の三陸の水産加工業にも及んでいました。その復興には並々ならぬ努力と忍耐が必要でした。

そのような復興活動の一環で開発されたのが、国産サバをオリーブオイル漬けにした洋風の缶詰、その名も「国産サバのオリーブオイル漬け サヴァ缶」です。

サヴァとは、フランス語で「元気?」という意味を持つ「Çava」からきています。このネーミングには、三陸の生産者の、「私たちは、おかげさまで元気です。みなさんも、これを食べて元気を出して!」というメッセージが込められています。

「国産サバのオリーブオイル漬け サヴァ缶」の特徴は、なんといってもその見た目。まるで雑貨屋さんに置いてあるオブジェのようなかわいくてポップなパッケージです。

次ページ《サヴァ缶を使ったおすすめレシピは、これ!