カルチャー

高岡銅器の伝統的な着色技法を進化させ施した「on the wall mini」

2016.04.29

rd500_1604CULTURE04_onTheWallMini1 rd500_1604CULTURE04_onTheWallMini2

400年の伝統を進化させた着色技法で作るフラワーベース

一輪挿しとして、四季折々の草花で演出できる「on the wall mini」。金属と漆の街で知られる、富山県高岡で作られるこちらのフラワーベースは、古来より伝承された着色方を進化させつつ、今も昔ながらの手作業で丁寧に色付けをしています。これを手がけるのが「モメンタムファクトリー・Orii」です。

モメンタムファクトリー・Oriiでは、高岡銅器400年の伝統を独自に発展させ、古くからの知恵と現代的なデザインを融合させた製品を作り出しています。独特の味わいを持った伝統美が楽しめる逸品です。

次ページ《奥深く美しい色を引き出す面白い着色材料

 

Area