カルチャー

特選“木製品”:四季を感じられる「YUIRO」の湯桶で、極楽の温泉時間を

2016.04.19

rd850_1604CULTURE05_YUIRO1rd850_1604CULTURE05_YUIRO2
湯道具一つにも日本ならではのこだわりを

「YUIRO」の「湯桶 四季折々」は、普段何となく使っているであろう湯道具、湯桶を小粋に進化させたもの。桶の底に特殊な印刷で四季の風物詩が描かれています。

春は桜の花びら、夏は金魚、秋は落ち葉、冬はみかん。陰影がついていることで、湯をそそぐとまるでプカプカと浮かんでいるかのような見た目に驚かされます。

次ページ《古くからの伝統技術と現代の印刷技術が融合

 

Area