カルチャー

悩みの種だった“液だれ”を美しく解決した「THE醤油差し」

2016.05.21

 

rd850_-1605CULTURE03_THEshoyusashi1
次世代に残る定番を追い求めて辿りついた普遍的な魅力

これまでの醤油差しの宿命でもあった“液だれ”を徹底的に追求、解決したのがこちらの「THE醤油差し」です。開発したTHE株式会社はこれまでもファブレスメーカーとして新鮮なアイデアを反映させたプロダクトを作り出してきたプロフェッショナル。この醤油差しにも彼ら流の美意識やコンセプトが生きています。

彼らが常に目指しているのは、定番を新たに生み出すこと。この醤油差しも奇をてらわず、敢えて多くの日本人にとっての定番的なフォルムを選びつつ、これまでの醤油差しが構造上持っていた“液だれ”という問題点を解決。生活の中にしっかりと溶け込む“次世代の定番”というコンセプトに沿ったプロダクトとなりました。

次ページ《青森の伝統工芸、津軽びいどろの技法でつくられた

Area