カルチャー

ラスベガスで歌舞伎! 市川染五郎主演「KABUKI LION 獅子王」

2016.05.24

 

進化する伝統芸能、歌舞伎のいま

1603年、出雲大社の巫女・阿国(おくに)の踊りに始まったと言われ、現代まで400年以上にわたって続いてきた歌舞伎。江戸時代から続く伝統や精神はそのままに、時代時代の風を取り込みながら革新を続け、国際的なエンターテインメントとして海外からも関心を集めています。

poster

Japan KABUKI Festival in Las Vegas 2016「KABUKI LION 獅子王」

そしていま、歌舞伎の新たなる一歩として注目を集めているのが、市川染五郎さん主演の「獅子王」です。歌舞伎に最新テクノロジーを融合させた、これまでにない演出を実現したもので、昨年は有名なラスベガスのホテル、ベラージオの噴水に巨大な鯉のホログラム映像を映し出して「鯉つかみ」を上演し、延べ10万人を動員する大成功をおさめました。

2年目となる今年は、5月3日から7日まで、再び最新の映像技術を使った新作歌舞伎「KABUKI LION獅子王」を上演しました。

次ページ《大迫力の映像と演者のコラボレーション

Area