仏壇職人が手掛けるカフェアイテム「CHANTO(しゃんと)」

2016.06.03

 

rd850_-040_01
仏壇製造の技術を用いて作るモダンなアイテムたち

350年の歴史を持つ仏壇の一大産地、滋賀県彦根市。この地で仏壇製造を行っている株式会社井上が、2009年からデザイナーの島村卓実氏と協働して生み出したカフェ関連ブランドが「CHANTO(しゃんと)」です。「CHANTO」はさまざまなカフェアイテムを展開していますが、それらは全て「漆」「木工」といった仏壇にまつわる技術を応用して作られたもの。匠の技と、洗練されたデザインの融合によって生み出されたモダンなアイテムなのです。

rd850_-040_02
使うたびに木の美しさを実感する「Espresso」

こちらは木製のエスプレッソカップ。匠の木工技術を用いた見事な曲線は、手に持ったときに実にしっくりきます。ぬくもりを感じる木目と、飲み口に施されたつやのある漆のコントラストもポイント。陶器とは違った木ならではの優しい感触を楽しみながら、コーヒーを味えます。コーヒーだけでなく、お酒を飲む際は“ぐい呑み”として使ってもいいですね。

「Espresso」
価格:6480円(税込)

次ページ《両手で木のぬくもりを感じる「Multi bowl」

Area