文化的サステイナブルな「竹紙ノート」は環境保全も叶える優れもの

2016.07.10

rd850_-1606CULTURE13_takenote1 rd850_-1606CULTURE13_takenote2

国産の竹100%使用の「竹紙ノート」が誕生した理由

普通、紙は木から作られるものですが、この「竹紙ノート」は、100%国産の竹で作られた「竹紙」を使った珍しいノートです。

何故「竹紙ノート」が生まれたのか、そこには環境問題に関わる深い理由がありました。

ノートを作った中越パルプ工業株式会社によれば、このところ放置された竹林が日本の山林環境を保護するうえで大きな問題になっているそうです。

見事に生えそろった竹林は日本の風情を伝える優れた文化資産ですが、一方で、竹は、その生命力の強さゆえに、放置されると、すぐに周辺の森林を侵食してしまうのです。

管理されずに増えてしまった竹は森の生態系に影響を与え、その生物多様性を低下させるほか、土砂災害を招きかねないなど大きな問題となっているのです。

次ページ《間伐された竹の有効活用で生み出された竹紙》