楽しさ倍増!絵を描くように刺しゅうができる家庭用ミシン「OEKAKI 50」

2016.08.29

rd850_1608CULTURE05_OEKAKI1 rd850_1608CULTURE05_OEKAKI2 rd850_1608CULTURE05_OEKAKI3家庭でのものづくりの幅を広げてくれる画期的な一台

発祥から250年掛けて進化してきたミシンは、昔から家庭でのものづくりの楽しさを育んできた素敵な道具です。しかし、いざアイデアを形にしようと思っても、家庭用の一般的なミシンではなかなか難しいことも多いもの。この「OEKAKI 50」がすごいのは、絵を描くように自在に刺しゅうができる点。

自分の手で刺しゅうをするという「ものづくり」の楽しさや、上達することへの達成感など、コンピューター制御の刺しゅうミシンにはない楽しみ方ができるんです。初心者でも扱いやすい工夫も凝らされており、この一台があれば、これまで作れなかったアイデアも実現できるかもしれません。

rd850_1608CULTURE05_OEKAKI4rd850_1608CULTURE05_OEKAKI5rd850_1608CULTURE05_OEKAKI6
イメージを自在に形にできる「お絵かき」機能

思い付いた形をミシンで刺しゅうしたいとき、今までのミシンでは表現の仕方に制限があり、思い通りの刺しゅうができませんでした。それを「OEKAKI 50」では、「お絵かき」機能として、フットコントローラーの踏み込みに連動して縫い幅を変えられたり、押さえを上げずに布を自由に移動させることができるので、自分の自由な刺しゅうを表現することができます。

これらは特許取得済みなので、「OEKAKI 50」にしかできないもの。また、縫い模様も多彩で、実用縫い17種、飾り縫い33種の計50種類のステッチがインプットされています。

さらに、パワフルさも必見。家庭では難しかった厚手のデニムの裾上げもラクラク。12オンスのデニム生地を12枚重ねても簡単に乗り越えることが可能になっています。それにより通販で買ったジーンズの裾直しやデニム小物のリメイクなども簡単に行えるんです。

次ページ《生活に馴染むようなデザイン性の高さにも注目》

Area