根津神社の花御札、10月は楓です。:「メイドインジャパン見つけた」 vol.37 渡辺ゆり子

2016.10.16


t02200391_0324057613450931016

rd400_IMG_2526

パワースポットしても有名な文京区の根津神社に伺いました。
先月の事後報告ですが、笑。ちょうど例大祭だったので、大勢の人で賑わっていました。
根津神社は今から千九百年余の昔、日本武尊が創祀したと伝えられる由緒正しき神社。社殿など七棟が国の重要文化財に指定されています。

rd400_IMG_2531
社務所を何気に覗いてみると、綺麗な花が描かれた御札を発見。
そういえば友人が京都の平安神宮で買ってお店に置いている事を思い出しました。
どこにでもある訳ではないよう。実際に売っているのを見るのは初めてでした。

rd400_IMG_2530
“月次花御札”ついなみはなみふだ、と読みます。
木製の御札に月ごとの季節の植物が描かれているお守り札です。
家の邪気を払い清めてくれる浄化のご利益があるといわれています。
御札に描かれた植物の絵が心を穏やかにしてくれる不思議な力があると言われているそう。

p1020014-1
月次花御札は、以下のようになります。
上段右から、正月 松、二月 梅、三月 桃、四月 躑躅つつじ、五月 菖蒲、六月 竹、
下段右から、七月 梶葉、八月 撫子、九月 菊、十月 楓、十一月 南二月 椿。
そして、一番左は、「薬玉御札(くすだまみふだ)」。五月端午の節句から九月の重陽の節句までの御札。この季節は梅雨から真夏にかけて体調を崩しやすいからだそうです。

 

《次ページへ》

Area