カルチャー

「銀座もとじ」が打ち出す2016年秋冬 オリジナルコレクション「真夜中の銀座」

2016.11.02

rd850_2016AW_Main

若き二代目の感性でプロデュースされた現代的な和装

「銀座もとじ 男のきもの」が、2016年秋冬の新たなコレクションをスタートさせました。今回のテーマは、「真夜中の銀座」です。

路地裏にひっそりと佇む酒場。

次第に消えゆくネオンの灯り。

ひと気のなくなった真夜中の銀座。

新作では、こうした日中の賑わいとは対照的な「銀座の静けさ」を表現しています。プロデュースしているのは、若き二代目で、クリエイティブディレクターでもある泉二啓太さん。ひと気のない真夜中の銀座で撮影されたコレクションイメージには、啓太さんの現代的な感性とモダンさがにじみ出ています。

rd850_2016AW-05rd850_2016AW-03
遊び心がありながら、シックで着こなしやすいスタイル

今作は、黒、グレー、濃紺、こげ茶などのダークカラーを基調としたシックなコレクションながら、生地には「絞り」「ローケツ」「絓引き(しけびき)」「型友禅」「風通お召」などのさまざまな伝統技術を用い、細部までこだわる“大人の男性の遊び心”を表現しています。初心者でも着こなしやすいシックさの中に、決して大人しくない手の込んだ意匠が凝らされています。

 

次ページ《和装を現代のファッションカルチャーに》

Area