カルチャー

今、一番癒される美しい水族館。~すみだ水族館「蜷川実花×クラゲ」プレス内覧会レポート~

2016.11.15

edited_DSC03411edited_rd850_IMG_4187

蜷川実花とコラボした美しい水槽の中で揺蕩うクラゲたち

太古の昔から形が変わらない不思議な生き物、クラゲ。ゆらゆらと水の中を揺蕩うクラゲの動きを見ているだけで、時間が経つのを忘れてしまいます。

先月のニュース記事でご紹介した「蜷川実花×クラゲ」のコラボレーションが、2017年3月14日(火)まですみだ水族館で開催されています。それに先立ち行われたプレス内覧会に、編集部で取材に行ってきました。

rd850_IMG_4184

昨年に続き2回目になる今回の「蜷川実花×クラゲ」のコラボレーション。「私自身がすごく水族館が大好きで子供とよく来ていたので、すみだ水族館と一緒に物を作れるというのが去年すごく楽しくて。今年もやらせていただけることが、シンプルに嬉しい」と語る蜷川実花氏。

鮮やかな世界の中で舞うクラゲをしばらく見つめていると、水槽と水の存在がなくなって、クラゲと自分だけ存在しているような感覚になってきます。「ちょっと異空間に行くような、不思議な感じがしますよね。自分でも何回かチェックしに来ているんですが、ついつい水槽の前で長居をしてしまう」。

美しい水槽で舞うクラゲたちを長めの時間ゆったりと見つめて、ぜひ、この不思議な感覚を味わっていただけたらと思います。

次ページ《日常から非日常へと誘う、クラゲの不思議な魅力》

KEY WORD

Area