カルチャー

つらい時には上方落語を聞け!~桂雀々師匠インタビュー~

2017.02.13

rd1700_13

爆笑必至!上方落語の世界とは?

日々の忙しさに追われて溜まりがちなストレス…。ここはひとつ落語で笑ってストレス発散してみませんか?
落語というとなんだか高尚な古典芸能のイメージがあるしなあ…と、そう思って敬遠してしまうのはもったいない!
今回は底抜けにアホらしくも愛らしい「上方落語」の魅力について、今年で芸歴40年を迎える桂雀々師匠に伺いました。

「上方落語」に触れることで、より一層この“伝統芸能”を身近に感じることができ、かつ溜まったストレスも吹き飛ばせるはずです。

桂雀々師匠(以下雀々):「『上方落語』というのは、古典落語の原型がありつつも、デフォルメを重ねて笑いの多いものに変形させています。飛び出す絵本みたいに登場人物が目の前に出てくるような、そういうインパクトのある見せ方を私は常に考えてますね」

そんな雀々師匠に上方落語初心者におすすめの3席について、演じる時のポイントも含めて挙げていただきました。

 

次ページ《思わず笑ってしまう、雀々師匠おすすめの3席》

KEY WORD

Area