特集:『The Wonder 500™』第6回「まあるいつみきmini」

2015.11.21

rd850_The Wonder500_177_03

木の地産地消

The Wonder 500™に認定された「まあるいつみきmini」の製造販売をしているのは、岐阜県にある郡上(ぐじょう)割り箸という株式会社。山の資源にもう一度目を向けながら地域の環境に対する取り組みや経済活動に貢献できないかと、2009年に郡上割り箸プロジェクトが立ち上がり、4年の活動を経て、法人化されたのです。プロジェクトのはじまりは、岐阜の木を地産地消したいという思いからでした。

rd850_The Wonder500_177_01

岐阜産の16種類の木から作られる

日本は国土の2/3以上が森で、先進国のなかでも世界第2位の森林保有率。しかも岐阜県は日本において森林率全国2位という豊かな森が自慢の県です。

しかしながら、その約4割は植栽されたスギやヒノキなどの針葉樹。このような人工林の健康を守るためには、成長に合わせて木々を間引く「間伐」が必要です。そして、その間伐された木材「間伐材」を使っては、これまで割り箸だけでなく、玩具や踊り下駄の製造販売が取り組まれてきました。

この「まあるいつみきmini」は、樹液からシロップがとれるイタヤカエデ、ミツバチが好んで花に蜜を吸いに来るトチ、朴葉寿司や朴葉味噌など料理にも利用されるホオなど、岐阜生まれの16種類の木で作られています。

rd850_The Wonder500_177_02

林野庁長官賞も受賞の木製玩具

郡上と言えば、清流でも知られています。そして岐阜には多くの川が存在します。そんな河原にある石ころをモチーフに、なめらかな曲線を描いて作られているのが、「まあるいつみきmini」です。

人は皮膚感覚を開発することにより脳が成長すると言われています。そのため、さまざまな木の手触りが感じられる「まあるいつみきmini」は、きっと子どもの玩具に良いでしょう。さらに、自然の木の色や、音や、香り、などを感じながら遊ぶことが子どもの五感を刺激して、想像力や創造力が育まれるのです。

この「まあるいつみきmini」はThe Wonder 500™だけでなく、国産材の良さを活かしている玩具1点のみに贈られる2014年度林野庁長官賞も受賞した、日本が誇る逸品とも言えるのです。

 

株式会社郡上割り箸
http://www.gujowaribashi.com

 

big500logo
https://thewonder500.com