カルチャー

新緑の箱根・岡田美術館で「魅惑のガラス ガレ、ドーム展」開催

2017.04.21

萌えいずる草花が鮮やかなこの時季。休日には、ふらりとどこかへ旅に出たくなりますよね。

そんなとき、清らかな山河をめぐるようにして20もの温泉街が集まる箱根で、美に触れる旅はいかがでしょうか?

rd850_20170419_gare5

宝石のように美しく輝くガラスコレクション

箱根・小涌園で、明治時代に存在した欧米人向けのホテル「開化亭」の跡地に2013年オープンした岡田美術館は、湧水と樹木が織りなす自然豊かな庭園が広がり、自然と一体となったアート空間が楽しめる美術館。

古代から現代に及ぶ日本・東洋の美術品の蒐集家で、同館の名誉館長を務める岡田和生氏の貴重なコレクションが常に約450件展示されている同館では、2017年7月21日(金)まで、幻想的なガラス工芸で日本にもファンの多い、エミール・ガレとドーム兄弟の作品が集結した特別展「魅惑のガラス ガレ、ドーム展 ―東洋の美に憧れて―」が開催されます。

rd850_20170419_gare6

同館で初の試みとなる、西洋のコレクションにフォーカスしたこの特別展では、アール・ヌーヴォーを代表するガラス工芸家として名を馳せたガレとドーム兄弟の秘蔵のガラスコレクション全作品(約120件)とともに、日本美術を中心とする東洋の絵画・工芸が一堂に会し、彼らが憧れた日本の美との出会いがひも解かれていきます。

ジャポニズム作品と日本美術がコラボ

1867年のパリ万博以降、浮世絵や琳派、蒔絵、伊万里といった日本美術は欧米で熱心に愛好され始め、その現象はジャポニズムと呼ばれるように。当時の美術家たちの創作活動に多大な影響を与えたジャポニズムは、ガレやドーム兄弟の作品にとっても重要な美のエッセンスの一つとなります。

植物的なモチーフや優美な曲線文様を大きな特徴とするアール・ヌーヴォーと、長く豊かな歴史の中で育まれた東洋の美術が見事に溶け合った、花や草木を愛で、自然そのものを愛おしむような彼らの展示作品をいくつかご紹介します。

画像 243
エミール・ガレ 「花独活文花器」 1900年 岡田美術館蔵

黄金の秋草と霞に月が描かれた「花独活(はなうど)文花器」は薩摩焼風の雅な意匠。本展では、ガレが強く憧れ、ガラス工芸で表現しようと試みてきた墨絵、陶磁器、玉器といった東洋芸術と併せて展示されます。

rd850_20170419_gare2
エミール・ガレ 「ジャーマンアイリス文花器」 1910年頃 岡田美術館蔵

ガレとドームが好んで用いた、江戸時代に日本で人気のあった燕子花(かきつばた/アイリス)のモチーフによる作品は、神坂雪佳の「燕子花図屏風」とともに鑑賞できます。

このほか、初夏に同館の庭園で見頃を迎える菖蒲や石楠花、睡蓮などの花々を落とし込んだ作品が展示され、自然と美術作品の持つ美をそれぞれ味わえる面白さも。

白眉の逸品!表現豊かな「麦穂文花器」も登場

rd850_20170419_gare4
エミール・ガレ 「麦穂文花器」 1899年 岡田美術館蔵

一番の注目は、1899 年に“フランスの大統領への献上品”としてフランス女性協会によって特別に注文され、制作された、ガレの「麦穂文(ばくすいもん)花器」。本場フランスでもカタログ類でしか存在が知られていなかった一級品です。

寄木細工の家具にヒントを得て生み出したガラス象嵌技法・マルケトリーを使った、木肌風の複雑なガラス地が目を引く作品。ガレの超絶技巧を堪能できます。

rd850_20170419_gare1

同館では、特別展のほかにも、建物正面に現代日本画家・福井江太郎によって描かれた縦 12m×横30m に及ぶ風神・雷神の大壁画「風・刻(かぜ・とき)」をはじめ、深見陶治、諸井謙司、樂雅臣といった現代作家の作品が屋内外に展示されています。

また、静岡県産の茶葉を使用した和紅茶や、ビール、夏季限定のソフトクリームなども味わえる、源泉100%かけ流しの「足湯カフェ」や、滝が流れ落ちる庭園を眺めながら「名物豆アジ天うどん」などを食せる「開化亭」といったさまざまな施設もあり、たっぷり時間をかけて自然とアートを楽しむことができます。

新緑の箱根に佇む岡田美術館で、至高の美とやすらぎのときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

rd850_20170419_gare7

■岡田美術館「魅惑のガラス ガレ、ドーム展 ―東洋の美に憧れて―」開催概要
会期:2017年4月8日(土)~7月21日(金)
住所:神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
http://www.okada-museum.com/exhibition/

 

■問い合わせ
岡田美術館
電話:0460-87-3931
http://www.okada-museum.com/

 

*画像写真の無断転載を禁じる。

 

KEY WORD

Area