今年のテーマは「未来ノマツリ」。一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト2017」が開催

2017.07.28

 

六本木アートナイト2017_MainVisual
Photo by Mika Ninagawa

芸術の秋の風物詩として年々パワーアップし、今では東京を代表するアートイベントへと成長した「六本木アートナイト」。8回目を迎える「六本木アートナイト2017」が2017年9月30日(土)から10月1日(日)の2日間開催することが決定しました。

眠らない街六本木に相応しく、夜通しアートに包まれる六本木アートナイトの今回のテーマは「未来ノマツリ」。メインプログラム・アーティストとして、その独特の世界観が国内外から幅広く支持を集める、写真家・映画監督の蜷川実花さんが起用されることが発表されました。

ninamika
メインプログラム・アーティスト 蜷川実花

意外にも六本木アートナイトへの参加は初めてだという蜷川実花さん。かねてより「いいな、ずるいな。」と参加への思いを胸に秘めてきたという彼女は普段からアートに対する入口を広くしたいと思ってきたといいます。難しくとらえられがちなアートの世界ですが、この六本木アートナイトではその敷居を低くし、「なんか面白そう」と思わせ、沢山の人に来場してもらいたいと意気込みます。

そのために蜷川さんが計画するインスタレーションのひとつが彼女の作品の中に入り込めるフォトスペース。インスタグラムをはじめとしたSNSで拡散されることが重視される今日、このアートナイトではSNS受けする仕掛けを設けることで来場者を巻き込み、作品を作る側と見る側の垣根をなくしたい、そしてアートって面白いと感じてもらいたいと蜷川さんは語ります。

また、今年の六本木アートナイトでは初の試みとして、東南アジアにゆかりのある日本人アーティストや、現代アートに沸く東南アジアより注目のアーティストを招聘する「東南アジア・プロジェクト」も始動します。東南アジアのアーティストが“祭”をテーマに地域のコミュニティメンバーと協働して制作された作品が発表される予定です。東京を代表するアートイベントへと成長してきた六本木アートナイトがよりインターナショナルなイベントへと進化する第1歩が、今年踏み出されようとしています。

FI9A5589
先日開催されたプレスカンファレンスで六本木アートナイトへの意気込みを語る蜷川実花さん(右)と六本木アートナイト 実行委員長の南條史生さん(左)

 六本木の街で開催される一夜限りのアートの饗宴、「六本木アートナイト2017」。メインとなるイベントやインスタレーションが集積するコアタイムが日没から夜明けまでというところもまさに六本木らしいところ。一歩足を踏み入れれば非日常の世界に迷い込み、気がつけばアートがすぐそばにあるこのアートイベント、開催が待ち遠しい!

 

六本木アートナイト 2017(http://www.roppongiartnight.com/2017/

開催日時:2017年9月30日(土)~10月1日(日)

<コアタイム>9月30日(土)17:27【日没】~10月1日(日)05:36【日の出】

開催場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース

入場料:無料

関連キーワード

Area