話題の京都の女性クリエイター5人が魅せる茶の湯イベント「こころい」

2017.09.04

main

9月6日(水)~12日(火)に現代風の茶の湯イベント「こころい」がジェイアール京都伊勢丹にて開催されます。今、活躍する京都の女性クリエイター5人が集まり、会場に設えられた茶室を舞台に、コラボレーション作品の展示や販売、トークショー、お茶席の披露が行われます。京都の「数寄」と「今様」をテーマにした本企画。会場は『源氏物語』にもでてくる、今流行りの色を意味する「今様色」に染められています。そして「数寄」は、茶の湯の楽しみを意味します。今でこそ格式高いイメージのある茶の湯は、昔の人にとっては凝ったおもてなしで客人をアッと言わせる、遊び心に満ちた温かい交流の場でした。5人のクリエイターによる現代の「数寄」の世界が体験できます。
ここでしか購入できない、クリエイター達によるコラボレーション作品も必見です。

 

【女性クリエイター5人の紹介】

sub1
川尾 明子
書家

6歳より書を学び、国内外で多数受賞。2004年より祥洲氏に師事。古典を学ぶ中で、点と点との間にある宙を舞う筆の動きに着眼した代表作「呼応」シリーズを発表。以来、阪急嵐山駅「嵐山」、NHK大河ドラマ「八重の桜」OP映像、NHK Eテレ「趣味どきっ!」講師など、展覧会、ライブパフォーマンス、新聞、テレビ等あらゆる媒体に登場する文字や墨表現を手掛け、BBCに現代の書家として紹介された。近年は自身が文字の一部になる「人文字シリーズ」なども展開し、書の可能性を追求している。
 

sub2
河原尚子
陶板画作家/SIONEブランドデザイナー
約330年続く茶道具の窯元「真葛焼」に生まれる。佐賀県武雄市での陶芸の修行の後、2005年より自身のスタジオにて独特の技法での陶板画制作を開始。2009年、スタジオを法人化、株式会社スプリングショウを設立。同年、「読む器」をコンセプトにしたプロダクトブランド「SIONE(シオネ)」を立ち上げる。アーティストとして陶板画制作、プロダクトデザイン、老舗のブランディングや茶会などを通じて、現代に生きるもてなしの文化や時間を創造し、国内外で作品を発表している。

 

sub3
鈴鹿可奈子
お菓子家/聖護院八ッ橋総本店 専務取締役

創業元禄2年(1689年)の聖護院八ッ橋総本店を家業とする鈴鹿家に生まれる。京都大学経済学部経済学科に在学中、カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンションにてPre-MBA取得。卒業後、信用調査会社勤務を経て、2006年、聖護院八ッ橋総本店入社。父であり社長でもある鈴鹿且久氏のもと、長い歴史と伝統の味を守り受けつぎながらも、新しい商品づくりに日々努めている。2011年、新しい形で八ッ橋を提供する新ブランド「nikiniki(ニキニキ)」を立ち上げた。

 

sub4
八木夕菜
写真家・アーティスト

幼少期から世界各地を巡り、世界のアートや文化に触れる。ニューヨーク・パーソンズ美術大学建築学部を卒業、坂茂建築設計ニューヨーク支社を経て、ベルリンの事務所に勤務。その後アーティストとして本格的な活動を開始。現在は京都を拠点として、国内外で作品を発表。建築を通じて生まれる「人と外界との接点の考察」を表現している。 2016年、KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭ポートフォリオ・レビューにてハッセルブラッド賞受賞。


sub5
吉岡更紗
染織家/染司よしおか

京都で江戸時代より続く染屋「染司よしおか」に生まれる。アパレルデザイン会社勤務を経て、愛媛県西予市野村町シルク博物館にて養蚕、製糸、染色を学ぶ。現在は絹、 麻、木綿など天然の素材を用い、紫草の根、紅花の花びら、団栗の実など天然の染料のみで染めることを特長とする「染司よしおか」で制作を担当。奈良東大寺二月堂修二会、薬師寺花会式、石清水八幡宮石清水祭など、古社寺の行事に関わり、国宝の復元などにも関わる。

 

 

【商品の一例】
 sub8
松栄堂 × 5人のクリエイター1705(宝永2)年創業の香老舗松栄堂のお香から、5人のクリエイターがそれぞれ好みの香りをセレクト。 5人の個性を感じられる 5種のお香と今様色をイメージした香皿・香立てのセット。
◆松栄堂のお香セット…3,240円

 

sub10
〈お菓子家 鈴鹿可奈子× 染織家 吉岡更紗 
〉
染司よしおかから仕入れた紅花 を使い「こころい」の今様色に染めた生八ッ橋。
◆生八ッ橋「こころい」…324 円

 

sub12
〈陶板画作家 河原尚子 ×写真家 八木夕菜 

〉
河原氏のブランド、SIONE の角皿。八木氏の自然の写真を幾何学模様に切り取り転写し、繊細な金彩を施している。
◆SIONE×YUNAYAGI 角皿… 10,260 円

 

sub9
〈書家 川尾朋子 × 染織家 吉岡更紗
〉 

川尾氏が揮毫した掛け軸風の オブジェ。表装には染司よしおかの染め布が使われている。
◆掛け板…75,600 円

 

 

こころい ~京都の女性クリエイター5人が魅せる「数寄」と「今様」の世界~
期間:2017年9月6日(水)~12日(火)
時間:午前10時~午後8時
場所:ジェイアール京都伊勢丹 2階、 3階=特設会場
京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 
電話:075(352)1111(大代表)

イベント概要:
9/6(水) 午後3時 トークショー【5人全員】
9/7(木) 午後2時 お茶席披露【河原・八木】
9/8(金) 午後2時 お茶席披露【鈴鹿・吉岡】
9/9(土) 午後1時 トークショー【5人全員】
9/10(日)  午後1時 トークショー【5人全員】
9/11(月)  午後2時30分 トークショー【5人全員】

http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/floorevent/1707cocoroi/

関連キーワード

Area