化粧品だけではない、資生堂が愛でる芸術品コレクション展

2017.09.09

sub1 sub2

すっかり秋を感じるこの頃。秋といえば「芸術の秋」、PREMIUM JAPANは積極的にアート情報をみなさまにお届けします。

さて、本日は開館40周年を迎える資生堂アートハウスによる展示会をご紹介します。

資生堂アートハウスは1978年 静岡県掛川市に近現代のすぐれた美術品を収集、保存すべくして開館しました。40年という永年に亘る営業に感謝の意を込め、今秋「資生堂アートハウス名品展  開館40周年記念 前期 日本画と漆芸を中心に」を開催します。好評だった作品を採り上げつつ、資生堂が1947年から断続的に開催している「椿会美術展」と、「現代工藝展」(1975-1995)の出品作を中心に、前期、後期の会期を通じて、日本画、洋画、現代美術、工芸を併せた約120点を無料で展覧します。 

素晴らしい芸術に触れられるだけではなく、約150年前から今も尚、国内外の多くの人より親しまれ、愛される資生堂というブランドの美意識を理解する機会となることでしょう。是非訪ねてみて。

 

「資生堂アートハウス名品展  開館40周年記念 前期 日本画と漆芸を中心に」 
会期:2017年10月3日(火)~ 12月17日(日)<入場無料>
会場:資生堂アートハウス
 http://www.shiseidogroup.jp/art-house/exhibit/?rt_pr=tr911 
※後期は2018年1月から3月にかけて開催予定です。 

学芸員によるギャラリートーク
日時:10月27日(金)、28日(土)・ 11月24日(金)、25日(土)・12月8日(金)、9日(土)
   各日14:00-14:30<参加費無料|申込み不要>
会場:資生堂アートハウス

関連キーワード

Area