皇室献上菓子舗の贅沢羊羹(紫珠と白翠)

2016.01.03

koushitsuyoukan_1
丹波篠山産大納言小豆の「紫珠」

「紫珠」は希少で高価な丹波篠山産の大納言小豆をふんだんに使用して、最高級の吉野葛でまとめた蒸し羊羹です。丹波篠山産の大納言は大粒で、色合い、香り、味のいずれも一級品です。この丹波篠山産大納言を贅沢に使用し、添加物をいっさい使用しないで老舗の和菓子職人が手作りで仕上げた最高の羊羹です。

丹波大納言小豆は、丹波地方を中心に古くから栽培されている大粒の高級品種の小豆です。年間収穫量が700トンと、大産地の北海道でも1%程度に限られています。

北海道の小豆が量産型で寒冷地でも育つように皮が厚いのに対して丹波大納言は少収量型で皮が薄く大粒なのが特徴です。大納言は宮中で抜刀しても切腹せずに済むことから、煮ても皮の割れないこの小豆を大納言と名付けたと言い伝えられています。

koushitsuyoukan_2
最高級備中白小豆の「白翠」

「白翠」は、希少な岡山県産の備中白小豆をふんだんに使用して最高級の吉野葛でまとめた蒸し羊羹です。白小豆は上質な味わいの餡がつくれますが、収量が少なく希少で高価です。その備中白小豆を贅沢に使用して、添加物をいっさい使用しないで職人が手作りで仕上げた最高の白羊羹です。白小豆独特の風味と上品でふくよかな香りを楽しむことができます。

岡山県は、北海道、丹波と並ぶ小豆の三大産地と呼ばれていますが、白小豆の発祥の地は備中といわれています。この備中地域で栽培される備中白小豆はタンパク質が約20%を占めて栄養価が高く、通常の小豆に比べると淡泊な香味を特徴としています。しかしこの品種は栽培が難しく収量が少ないために栽培農家も少なく、高価で取り引きされています。

koushitsuyoukan_3
皇室献上老舗和菓子舗の三代目

「紫珠」、「白翠」は山梨県甲府市の老舗和菓子屋「三省堂」の三代目山田恵一郎氏の手で生み出された作品です。「三省堂」は大正12年創業で、皇室に和菓子を献上してきた由緒ある和菓子屋です。この「三省堂」の三代目である山田恵一郎氏は、代々引き継ぐ伝統の製法を守りながらも独創的な作品も生み出してきました。

山田氏が徹底的な素材選びと丁寧な仕事にこだわって生み出されたのが「紫珠」と「白翠」です。食べておいしいだけでなく、見た目や菓子切りを入れたときの触感にまでこだわった最高級の羊羹です。

 

■お問合せ
皇室献上菓子舗の羊羹「紫珠・白翠」2本セット
価格:4320円(税込)
電話:03-6413-6154
http://www.aionline-japan.com/products/detail/965
写真:©日本ロイヤルガストロ倶楽部

 

Area