グルメ

シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード・ソーヴィニヨン・ブラン2013「いますぐ飲みたい日本ワイン」vol.13 柳忠之

2016.01.13

yanagi013-001
真田幸村ゆかりの信州上田にブドウ畑

今年の大河ドラマは堺雅人主演の「真田丸」。堺演じる真田信繁(幸村)は、関ヶ原の合戦において父・昌幸とともに西軍に与し、徳川秀忠率いる徳川本隊を居城の上田城で足止めさせたことで知られています。

ところが関ヶ原の合戦で西軍が負けると、真田親子は信濃国松代に転封。上田城は破却され、代わって入城した仙石氏が現在の姿に再建しました。その上田城のある信州上田市。ここに、シャトー・メルシャンが自社管理畑「椀子ヴィンヤード」を開墾したのは2003年のことです。

椀子と書いて「マリコ」。6世紀後半、畑のある一帯が欽明天皇の皇子「椀子皇子(まりこのみこ)」の領地だったことに因みます。現在の地名は上田市丸子地区(旧丸子町)で、椀子は丸子の旧名だとか……。

ところで、ワイン造りでもっとも大切なのは、いうまでもなくブドウです。餅は餅屋。ワイナリーはワイン造りに専念し、ブドウ栽培はその道に長けた農家に任せるという考えもありますが、思い通りのワインを造るためには、ブドウも自分たちの手で栽培するに越したことはありません。そのような理想を追い求めるにあたり、シャトー・メルシャンが出した回答が椀子ヴィンヤードなのです。

1999年から長野県下でブドウ栽培に最適な土地を調査。その結果、上田市丸子地区が選ばれました。浅間山や北アルプスを眺望する、自然に恵まれた台地で、年間降水量が900ミリと少ない一方、緩傾斜で風通しがよく、日照量に恵まれています。

次ページ《一昨年、日本ワインコンクールで部門賞を受賞したソーヴィニヨン・ブラン

Area