グルメ

丁寧な仕事が光る「宮古湾のこだわりすぎたアンチョビ」

2016.02.08

rd_1512EAT20_KodawarisugitaAanchovy3
小さなカタクチイワシを1匹ずつ丁寧におろすところから

 その名も、「宮古湾のこだわりすぎたアンチョビ」。岩手県三陸・宮古湾で朝獲れた新鮮なカタクチイワシを「宮古の塩」で塩漬けにして発酵させ、料理のプロからも信頼の厚い本場チュニジア産の上質なエキストラバージンオイルで漬け込んだ極上品です。

カタクチイワシは朝獲ってすぐに3枚におろされますが、その工程はもちろんすべて手作業。骨や内臓だけでなく、薄皮まで1匹ずつ丁寧に剥いでいく気の遠くなるような仕事です。料理にも使いやすいよう、5mm幅にカットして仕上げられました。

rd_1512EAT20_KodawarisugitaAanchovy1
ていねいに手摘みされ、自然農法で作られるオリーブオイル

素材からとことん選び抜かれたアンチョビは、漬け込むオリーブオイルの質の良さも特筆すべき点。種類で言えば、最も純度の高いエキストラバージンオイル。世界でも5本の指に入る本場チュニジア産のものが選ばれました。

オリーブオイルというとイタリアを思い浮かべますが、実はチュニジアで生産されたものの多くはイタリアに輸出されているのだとか。チュニジア産のオリーブオイルは手をかけた自然農法によるものがほとんどで、密かにプロが推奨する世界最高峰のオリーブオイルなのです。「オリーブジュース」と呼ばれるほど、そのままで味わってもおいしいオイルです。

rd_1512EAT20_KodawarisugitaAanchovy2
パスタやカナッペ、手軽に本格的なパーティーメニューが完成

海の恵み、宮古の塩で旨味たっぷりに塩漬けされて発酵したカタクチイワシと、最高の風味を持った香り高いエキストラバージンオイル。これ以上ないタッグによって生まれるコクと、絶妙な塩加減。もし「アンチョビはただ塩っ辛いもの」というイメージがあるなら、きっとその概念はくつがえります。

たとえば、ガーリックと合わせてパスタに絡めれば最高の味わいに。ジャガイモやブロッコリーなどの蒸し野菜にシンプルに合わせてもまた絶品。フランスパンやクラッカーにのせたカナッペもホームパーティにぴったり。トマトやパセリで彩るだけでも手軽におしゃれな一品が完成します。

 

山根商店
宮古湾のこだわりすぎたアンチョビ(冷凍)
固形量:30g(総量42g)
価格:1500円(税抜・箱代チルド料送料別)

■お問合せ
電話:0193-63-1456
http://0-8-0.com/

 

《関連記事はこちら》

っても気になる「奈良漬け×クリームチーズ」を実食。その味やいかに?

土から育てられた豊かな牧場で暮らす牛の「ミルクジャム」

Area