徳之島ゴールド・ラム酒「ルリカケス」:「メイドインジャパン見つけた」 vol.5 渡辺ゆり子

2016.03.06

 

rd850_ph1
奄美諸島の徳之島で造られる、入手困難なゴールド・ラム酒

黒糖焼酎の”奄美“を造る蔵の一つ高岡醸造(1949年創業)が1979年に発売した日本初のゴールドラムが“RURIKAKESU RUM ルリカケス”です。

黒糖焼酎は米麹を使うことで焼酎になりますが、全てを黒糖で造るとラム酒になるということなのです。

先代の高岡善吉氏は元徳之島町長、現社長の高岡秀規氏は現役の町長を務めています。その高岡秀規氏が黒糖焼酎が生まれるルーツとなった黒糖酒に目を向け、サトウキビの絞り汁を原料に酒を造る試行錯誤の上に、黒糖をパパイヤから自社培養した天然酵母で仕込む製法を確立し、日本初のゴールドラムが生まれました。サトウキビのみを原料として三回の蒸留をし、オーク樽で熟成させた手作りの正真正銘、純日本製のゴールド・ラム。

 

次ページ《まさか琥珀色のラムが日本にあるなんて