グルメ

AKOMEYA TOKYOの限定『分づきおにぎりBAR』:「お米が主役」vol.19 柏木智帆

2016.03.08


カウンターでの立食スタイル。精米歩合の食べ比べ

東京・銀座にあるお米をメインに据えたセレクトショップ「AKOMEYA TOKYO」で、期間限定・週末限定の「分づきおにぎりBAR」がオープンしています。

メニューは、小さなおにぎり3個、味噌汁、鶏肉に片栗粉をまぶして揚げた山賊焼き、大根を燻煙・乾燥させた漬物いぶりがっこのセットメニュー1種類のみ。しかし、ただのおにぎりセットではありません。おにぎりは、それぞれ玄米、五分づき米、白米でつくられていて、精米歩合によるお米の食べ比べ体験ができるのです。

「玄米に興味があるけど食べにくい」というお客にも、分づきという選択肢を提案するために始めたという「分づきおにぎりBAR」。店の入口付近にあるカウンターでの立食スタイルで、立ち呑みバーとも立ち食い蕎麦屋とも違う雰囲気に、主に女性客からの人気を集めています。

 

次ページ《白米のように食べやすい。分づき米という選択肢の提案

Area