白金に日本の四季を味わうチョコレートショップkikiがオープン:「メイドインジャパン見つけた〉vol.7 渡辺ゆり子

2016.03.20

rd500_DSC00633shu

プラチナ通りにガラス張りのお洒落なチョコレートショップがオープン。しかもベルギー製でもフランス製でもない日本製。八芳園がプロデユースしたJAPAN CHOCOLATEです。

rd850_DSC00663shu

日本の四季、春、夏、秋、冬の味をチョコレートにという思いから、日本全国から選りすぐった旬の食材とチョコレートがコラボしました。素材本来の味が不思議にチョコレートとマッチしたオリジナルな一品です。

rd850_DSC00681shu
奥の列 右から

桜 神奈川県小田原産の桜の花びらのシロップ漬けとホワイトチョコ。桜香る春。

紫蘇   江戸時代から続く東京の畑の紫蘇。紫蘇の爽やかさが後味に残り、絶妙。

すだち   徳島県阿南市の無農薬すだち.すだちの香り溢れるホワイトチョコ。

抹茶   京都宇治の抹茶。抹茶の苦みとスイートチョコはベストマッチ。

手前の列 右から

竹炭   竹の名産地 徳島県阿南市の土釜で焼き上げた竹炭。コク深い味わい。

胡麻   山口県萩市の離島大島の白胡麻。さくっとした食感が楽しい。

柚子   高知県北川村の柚子。柚子の酸味がチョコを引立てます。

酒粕   山口県萩市の山田錦を使った日本酒の酒粕。濃厚なチョコと大人の味。

 

次ページへ