贔屓にしたくなる店、銀座六丁目、和食の新店「銀座 東海林(しょうじ)」

2016.04.09

 

rd850_1
一級品の鮪、牛肉、米が味わえる全10品のお任せコースは希有なクオリティ

名店ひしめく銀座に2015年10月にオープンしたばかりの和食店「銀座 東海林」は美味しいもの好きなら、要チェックのお店です。カウンター7席、4名の個室が一室の小体な店構えですが、その分、店主の東海林誠志氏の意図が明確で、一本筋の通った、ブレの無い本流の和食を安心して味わうことができるお店です。

ともかく、素材選びが一流です。「つきぢ田村」や麻布十番「尾崎幸隆」などの一流店で研鑽を積んだ東海林氏は、仕入れで妥協する事がありません。牛肉は宮崎の「尾崎牛」、鮪は築地一の鮪仲卸「やま幸」の生本鮪、米は長野の高級稀少米「小滝米」。それが揃って食べられる店は、現時点では「銀座 東海林」だけなのではないでしょうか?

しかも、その素材と会話しながら、その日その時一番美味しい食べ方で提供してくれて、コースお値段1万2000円となれば、何度でも足を運んでみたくなるのが、食いしん坊の性。自ずと御贔屓の常連さんになって行くという寸法です。

次ページ《日本人が好きな物を取り揃え、トータルで季節を感得させる、心憎い仕立てに乗じる幸せ