グルメ

ロフト×honshokuの『LOFTごはんフェス』:「お米が主役」vol.23 柏木智帆

2016.04.05

 

rd500_12941023_1023369254424628_1422577167_o
お米の新しい価値を提案する、ごはんの祭典

お米が大好きな人、お米がまあまあ好きな人、お米が嫌いではない人、そもそも食に関心がない人。どんな人でも、きっとお米の魅力を楽しめる「LOFTごはんフェス」が、東京都渋谷区にある「渋谷ロフト」の3Fで開かれます。期間は、6月8日から7月5日まで。「米離れ」「食料自給率の低下」「主食の多様化」。いろいろな課題が言われていますが、ここでは眉間にシワを寄せて議論したりしません。お米との接点をデザインすることで、お米の可能性、お米の楽しみ方を提案していきます。「お米が、お米を超える時が来た」。そう感じられるような、お米の新しい価値を美味しく楽しくつくっていく“ごはんの祭典”です。

主催は、「渋谷ロフト」と、人と食をデザインするクリエイティブチーム「honshoku」。ごはんフェスは、2014年の「第1回表参道ごはんフェス」から始まり、2015年11月までに4回にわたって開催してきました。今回は、「お米も趣味になる」というコンセプトで、渋谷ロフトの3Fがお米の新しい楽しみ方を提供する“遊び場”に大変身。ごはんを楽しむためのグッズや催しをあれこれ展開していきます。

次ページ《お米にまつわる、あんな商品、こんな商品、募集中

Area