金沢老舗料亭のごまどうふ「胡麻煉羹(ごまれんかん)」

2016.05.09

 

rd500_1601EAT21_gomarenkan1rd500_1601EAT21_gomarenkan2
しっとり、もっちり、香ばしい「金澤町家料亭 壽屋」のごまどうふ

ごまの芳醇な香りと、もちもちとした食感、なめらかな口当たり。石川県金沢市で創業95年、精進料理の老舗「金澤町家料亭 壽屋」が3年の試行錯誤を経て完成させた、至極とも言えるごまどうふ、「胡麻煉羹」です。 

精進料理の中でも一番のご馳走とされたごまどうふを味わってほしいと「胡麻煉羹」作りは始まりました。ごまと本葛を丁寧に練り上げ、冷やして固めるというと簡単に聞こえますが、この「胡麻煉羹」は厳選された素材と特別な製法により手間暇かけて作られた逸品です。

次ページ《選び抜いたごまと、加賀藩御用葛の「宝達葛」を使用