世界の三ツ星シェフも愛用する「香る生(なま)醤油 ひしほ」

2016.05.14

 

rd850_1601EAT09_hisiho1
パリの三ツ星レストランで選ばれた生醤油をご家庭で

“生醤油”にこだわり、約30年前に誕生した「香る生醤油 ひしほ」をご存知でしょうか。国内で愛されているだけではなく、フランス・パリの三ツ星レストラン御用達の、海外でも大人気の生醤油です。食欲をそそる搾りたての醤油本来の香りに赤ワインのように鮮やかな色、そして甘味を一切使用しないキリッとした辛みが、素材の味と甘味を引き立ててくれるのです。

この「香る生醤油 ひしほ」を手がけるのが、創業1911年の「ヤマト醤油味噌」。100年以上もの間、石川県金沢市から醤油、味噌、甘酒(糀飲料)をお届けする発酵食の老舗です。

 

rd500_1601EAT09_hisiho5
国産原材料と非加熱製法で造られる日本で最初の生醤油

「香る生醤油 ひしほ」がほかの醤油と違うのは、搾りたての生醤油を実現させたその製法。通常の醤油は、加熱殺菌をしてからビン詰めをして商品化するところを、「香る生醤油 ひしほ」は生ビールと同じ製法で、ミクロフィルターでろ過しています。火入れをしないため、諸味本来の香りと美味しさが楽しめる生醤油が誕生しました。

また、厳選された国産大豆・国産小麦から成る香りの豊かさを堪能できるだけではなく、麹の酵素が活きているので食材をマリネすると柔らかくなり味も一層美味しくなるそう。ブリの照り焼きや、ローストビーフなどの漬けダレにもぴったりで、お料理の幅が広がります。

次ページ《酵素食である生醤油を使ったオススメのお料理はさまざま

Area