平川ワイナリー・ケルナー2013:「いますぐ飲みたい日本ワイン」 vol. 29 柳忠之

2016.05.18

 

rd850_hirakawa
ドイツ生まれのケルナーという品種

ケルナーというブドウ品種があります。トロリンガーとリースリングとの交配により、1929年に生み出された品種。交配に成功したのはケルナーという人物とばかり思っていたら、生みの親の名前はアウグスト・ヘラルドでした。ケルナーの名は、ワインにまつわる詩を残したドイツの詩人、ユスティヌス・ケルナーに由来するそうです。

ケルナーはとても芳香豊かなブドウで、誰もがブドウの香りとして思い出すマスカットや、白桃、リンゴ、グレープフルーツ、かすかにマンゴーのようなトロピカルフルーツの香りまで感じられることがあります。

ドイツ生まれの品種ですから、寒い産地でもよく育ちます。それでこのケルナー、北海道でも広く栽培されているのですね。

次ページ《元ミシェル・ブラスのソムリエが造ったアロマティックなワイン

Area