グルメ

日本最高の技術で打つ絶品そばの味「安曇野 翁」

2016.05.28

rd850_-065_01
名人の一番弟子が打つ絶品のそば

北アルプスに囲まれた長野県・北安曇郡。ここに遠方からも多くの人が訪れるという絶品のそば店があります。それが「安曇野 翁」です。店主の若月茂氏は、日本一のそば打ち名人である高橋邦弘氏の一番弟子。以前は東京のそば店に勤めていましたが、1997年(平成9年)に「安曇野 翁」を開店しました。名人直伝の匠の技で打ち上げられたそばは、まさに至高の味です。

rd850_-065_02
選び抜かれた素材から極上の味を生み出す

「安曇野 翁」では、北海道、茨城、長野の契約農家から仕入れた玄そばを自家製粉したそば粉を使い、それを名人直伝の匠の技で打ち上げています。丹念に手打ちされたそばは、香り高く、喉越しも滑らか。飲み込んだ後もそばの芳醇な味が口いっぱいに広がります。また、つゆに使われているだしは、北アルプスの伏流水と厳選した鹿児島県枕崎市の枯本節、北海道函館市南茅部町の真昆布、伊豆産の茶花どんこを使ったもの。そこに地元長野の大久保醸造店のしょうゆを使った返しを合わせています。やや濃いめの輪郭の強い味に仕上がっており、これがそばの味を引き立てます。

次ページ《一度食べると忘れられない衝撃

Area