金沢で大人気のグルメな最中、「器茶漬け」&「モナカ・デ・スープ」

2016.06.06

 

rd850_-1605EAT01_MonakaGOURMET1
京風と江戸風が融合した食文化を持つ加賀百万石の城下町、金沢

金沢の“甘くない”最中を知っていますか?お湯を注ぐだけでおいしい味噌汁やお吸物になってしまう最中は、粋な金沢土産としても大人気。賞味期限が長く、いつでも手軽に楽しめるのも評判の理由です。各店さまざま作られていますが、今回はその中でも異彩を放つ絶品グルメ、佃の佃煮の「器茶漬け」と、シンヤふくら屋の「モナカ・デ・スープ」をご紹介します。

加賀百万石の城下町である石川県金沢市は、かの前田利家公が奨励した茶の湯文化とともに、美しい和菓子づくりが開花した場所。海の幸にも山の幸にも恵まれ、歴史的には京風と江戸風が融合した独特な食文化が築かれたことでも知られています。

rd850_-1605EAT01_MonakaGOURMET2

いつでも常備しておきたくなる滋味豊かなお茶漬け最中

「器茶漬け」は、かつて前田家でも朝食の楽しみにしていたというお茶漬けに着想を得たもの。前の日に炊いて余ったごはんも、お茶漬けにすればまたご馳走になるというわけです。この「器茶漬け」なら、冷ごはんに乗せてお茶を注ぐだけで、じゃこ椎茸、かつお昆布、山椒ちりめん、梅昆布、ほたて昆布、ふぐの親子漬け、と6種類の滋味豊かな佃煮茶漬けが味わえます。

佃煮は数あれど、佃の佃煮のこだわりはその本物の味わいとともに、無添加調理であることです。化学調味料や保存料、着色料も不使用の昔ながらの製法を守る佃煮は、お茶漬け用に少しだけ甘さ控え目に仕立てられました。賞味期限も50日と長め。お酒を飲んだ後などに最高の逸品です。

次ページ《職人が香ばしく焼き上げた最中と洋風スープがベストマッチ