世界に誇れる日本発の梅リキュール:「メイドインジャパン見つけた」vol.19 渡辺ゆり子

2016.06.12

星子に出会ったのはお気に入りの櫻井焙茶研究所。そこで頂いたオリジナルの煎茶カクテルに使われていました。
そのボトルのお洒落感とストーリに引かれて早速入手。

シャンパーニュ・バー、「リリ・ラ・ユリ」では、シャンパーニュ以外にも今迄に御紹介したようなボトルデザインが優れていて、希少価値のお酒をついつい置いてしまう傾向があります(笑)。
もちろん、星子も仲間入りしました。

DANNY愛川氏という伝説のバーテンダーが世界に誇れる日本のリキュールを作りたいという熱い思いで1979年から研究、開発を重ね、2005年にデビューしたアルコール度数20度の梅リキュール。

その年の厳選された紀州の梅で作られる限定生産のお酒です。

もちろん、無添加、単純濾過。甘い梅酒とは違って、本来の梅の香り高いリキュールです。

rd850_-DSCN0400

まずはストレートでいただきます。梅の清々しい香り、口に含んだ時の品のいい甘さと爽やかな酸味を味わってください。

rd850_-DSCN0406

氷を入れてロックに。疲れた身体にもクエン酸が効きそうです。(京都で見つけたアンテイークのカクテルグラス)

rd500_-rd500_DSCN0408

リリバー的には、シャンパーニュで割ってみました。シャンパーニュと星子は最高のマリアージュです。じめじめした梅雨時にスッキリとした1杯です。(バカラのシャンパーニュグラス、2000年限定デザイン)

次ページへ