「KUGENUMA RICE(くげぬまライス)」のおむすび:「お米が主役」 vol.32 柏木智帆

2016.06.14

rd850_10152012_433267473490674_7811650973597453345_nOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

オリジナリティ溢れる 湘南のおむすび

小田急線・鵠沼海岸駅から徒歩3分。小さな白のれんが掛かった、シンプルでおしゃれな外観のおむすび屋「KUGENUMA RICE(くげぬまライス)」があります。

店内に入ると、ガラスケースには多種類のおむすび、いなりずし、おはぎが並んでいます。その数、常時30~35種類。白米には山形県産特別栽培米つや姫、玄米には長野県産ミルキークイーン、おはぎには山形県産特別栽培米ひとめぼれ×三重県産かぐらもちのブレンドを使っています。

「紅塩鮭」や「紀州南高梅」、「ねぎ味噌」といったスタンダードな具材から、「たらことマッシュポテト」、「鶏天むす(一味マヨネーズ)」、「四万十川のりの佃煮とわさび漬」といったオリジナリティ溢れる商品までさまざまなおむすびが並び、見ているだけでわくわくしてきます。

次ページ《パン屋からおむすび屋へ。飽きないお米の魅力》