伝統菓子をモダンかつキュートにアレンジ 「UCHU wagashi」の落雁

2016.06.27

rd850_-01

選び抜いた素材で丁寧に作られる落雁

室町時代から続く日本の伝統の干菓子の一つである「落雁」(らくがん)。仏事などでお供え物として用いられることも多く、どちらかといえば古くさいイメージがありますが、京都市上京区に店を構える「UCHU wagashi」では、従来のものに現代のエッセンスを加えた、モダンかつキュートな落雁を展開しています。今回は、かわいらしいUCHU wagashiの落雁を紹介します。

rd850_-02
自分だけのカタチを描く「drawing」

扇形をした落雁。自由に組み合わせて好きな形を作り出して楽しむことができます。日本の和菓子は、古くから味だけでなく目で楽しむことも考えて作られてきましたが、本製品はその要素を最大限に引き出し、また発展させた品といえるでしょう。落雁のピースはさまざまな色になっています。

rd850_-03

これらを組み合わせることで、例えば写真のように魚たちが泳ぐ様を描くこともできます。自分で和菓子をデザインできるという「楽しさ」をぜひ味わってみてください。

セット内容:ピンク、水色、緑、黄色、紫、白(20個入り)
価格:650円(税込)

次ページ《食べるのがもったいないかわいらしさ「animal」