受け取った人が笑顔になる、12種類のお米の詰め合わせ

2015.10.12

01

味はもちろん、鮮やかな十二単でインパクトも抜群です

日本人のお米離れが深刻化している昨今。白いごはんを食べても「味がしない」と感じる子供達が増えていると言われています。その現象に警鐘を鳴らしているのが京都に本店をもつ米料亭「八代目儀兵衛」。本当に美味しいお米を伝えるために、日本全国のお米を食べ続けている五ツ星お米マイスターが吟味したものだけを届けてくれるお米屋さんとしても展開を広げています。

その「八代目儀兵衛」がおすすめするお米ギフトが、“十二単シリーズ”。おもてなし向きの“極”、おむすび向きの“結”、和食向きの“和”など料理に合わせて厳選された12種類のお米が、色とりどりの風呂敷につつまれています。源氏物語の姫君の十二単をイメージしたという色彩はギフトにぴったりな優雅さ。そして食べてみればお米マイスター自信の銘柄・ブレンドだけあって、銀シャリと梅干しだけでもご馳走に感じるほど。「OMOTENASHI Selection 2014」で金賞を受賞したこの品は、日本人にも外国人にも喜ばれること間違いなしの逸品です。

05

【十二単シリーズ】

■満開(お米2合×12種類) 5,000円(税別)

http://www.okomeya.net/jh/

Area